• 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目24-14 LCビル5階 名古屋駅から徒歩3分
  • 平日:10:00~12:45、14:30~19:40 土祝:10:00~12:30、14:30~16:30

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)

手術をしない視力回復法

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)は角膜矯正

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)とは、ナイトコンタクトレンズと呼ばれる内面に特殊な加工がなされた高酸素透過用ハードコンタクトレンズを用いて、角膜を傷つけることなくその中心付近を平ら(フラット)にする近視を治療する角膜矯正療法のことです。

日本では、矯正と言えば歯の矯正を思い浮かぶかもしれませんが、目も一緒で実は手術をしなくても矯正することができます。

使用方法は、通常のコンタクトレンズとは逆に、寝ている間にレンズをつけ、朝起きた時にレンズをはずします。就寝中に角膜の形が矯正されますので、朝起きてレンズをはずした後も一定の期間視力は回復し、良好な裸眼生活が送れます。

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)の1日

受診の流れ

初日

検査→テストレンズ装着→仮眠(1~2時間)→再検査→レンズ装着練習→お試し装着(ご家庭で)

1週間後

検査→問題がなければ発注(米国)
問題があればレンズを交換し、お試し期間を延長

2~3週間後

本人用レンズの受取→経過が良ければ3ヶ月後に再受診

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)をお気軽にお試しいただけます!このキャンペーンを是非ご利用ください。

お試しには予約が必要です。お電話でご予約ください。

ナイトコンタクトの費用

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)治療には現在保険を適用することができません。治療費は自己負担となります。※治療費は確定申告時医療費免除の対象となります!

ナイトコンタクトお試し 3,240円+ケア用品1,000円~
本コース一括払い 250,000円(税別)
本コース分割払い(とあえず3ヶ月コース) 50,000円(税別)
本コース分割払い(1年コース継続) 100,000円(税別)
本コース分割払い(3年コース継続) 100,000円(税別)

◆3年コース終了後はレンズ代のみとなります。レンズは取り扱い方により寿命が変化します。うまくつかえば4~5年使用できます。
◆片目の治療も受け付けています。いずれのコースも上記金額の3/5の金額で承っております。

■再診料 3000円(税別)必ず使用レンズを持参してください。
■本人用レンズの破損及び紛失 1枚25,000円(税別)
■テストレンズの破損及び紛失 1枚15,000円(税別)

※当院では年間管理料はいただいておりません。
※ナイトコンタクトのレンズケア方法は通常のハードレンズと同じです。

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)手術をしない視力回復法が今人気です。

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)をお気軽にお試しいただけます!このキャンペーンを是非ご利用ください。

ナイトコンタクトお試し 3,240円

お試しには予約が必要です。お電話でご予約ください。

コンタクトレンズで角膜を矯正

角膜を矯正したい形につくった特殊なコンタクトレンズを装用します。通常のコンタクトレンズと違うのは、就寝時にコンタクトレンズを装用することです。朝起きてコンタクトレンズを外すと角膜の形状が矯正されて視力が回復し日中は裸眼で過ごすことができます。

高い安全性

すでに30年以上の研究・臨床を経て、アメリカ・ヨーロッパ・アジアを中心に世界中で実施されています患者様の体質に合わない場合でも安心してください、レーシックとは違い角膜を削ることはないため、装用をやめれば元に戻ります。夜間装用のコンタクトレンズですので、ホコリ等が入って角膜を傷つけるリスクも低く、一般のコンタクトレンズと同等あるいはそれ以下のリスクで行える治療方法です。アメリカでは100万人以上がこの治療を受けています。

ご不明な点はお気軽にご来院時ご質問ください

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)よくある質問

これはアメリカの医療制度にありました。

アメリカでは、日本と違い、目の病気を治す眼科医、近視などの病気を治すオプトメトリストの2つに役割分担されていました。日本の医師は、留学して海外の技術を取り入れていますがアメリカの眼科医からしか情報を手に入れていなかったためオプトメトリストから情報を聞くことをせず、ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)がなかなか広まらなかったのです。

日本では、視能矯正士という資格がありますが、アメリカのオプトメトリストと違い医師と対等に仕事をすることはありません。視力等の検査員でしかない状況ため、視能矯正士がオプトメトリストの情報を取り入れることもありませんでした。

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)は、角膜を削るような手術をしないので安全とされています。

寝ているときにコンタクトをするということは危険に感じるかもしれませんが、普通のレンズは角膜が酸素不足になる可能性があるため推奨されていませんが、ナイトコンタクトレンズは、米国FDA(日本での厚生労働省にあたる機関)で危険性が無いと認められ、利用が許可されたものに限っています。

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)の事故報告はなく、120万人もの方々が行っている裁判大国アメリカでも1例も裁判はありません。

もちろん、ほんべクリニックではどのようにナイトコンタクトレンズを使うか、正しい使用方法、適切な管理方法をきちんとご説明しておりますのでご安心ください。

角膜が元の状態に戻るため近視が戻ります。

しかし、装用時間を減らしたり、裸眼での快適性を考えればナイトコンタクト(オルソケラトロジー)は画期的な視力改善法と言えると思います。またレーシックのように角膜を削るわけではないので、老眼や近視がさらに進んだ場合どうするか?といった体の心配はありません。

現在6歳~68歳までの治療実績がございます。

もちろんきちんと問題がないか万全のチェック体制で治療をしておりますので適合するかどうか確認致しますのでご安心ください。

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)は近視・近視性乱視の方を対象とした治療ですので、遠視や老眼は矯正することができません。

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)はレーシック手術を受けられた方は使用できません。

一般的なハードコンタクトレンズと同様、ほんべクリニックでも装用指導がありますのでご安心ください。何かありましたらすぐにご相談ください。

就寝時に装用することで視力を矯正するという効能・効果は、薬事法の定める基準に基づいた臨床試験により確認され、厚生労働省より承認されております。

就寝中は角膜にレンズが吸着するため安心してお使いいただけます。

一般的なハードコンタクトレンズと同様、レンズを外した後に洗浄してから保存します。もちろんほんべクリニックではケアの方法も医師の指導のもとお伝えさせていただいております。

ナイトコンタクトレンズの装用開始後は定期検査が必要となります。定期検査の内容・頻度は患者様によって異なりますので、治療を始める際にお伝えしております。

裸眼視力0.5~0.05(矯正度数-1.0D~-4.0D)程度であれば治療の対象となります。また軽度の乱視の方も治療可能です。

患者様の近視度数や角膜の形状によって、満足な視力が得られない場合もあります。ほんべクリニックでは適応検査を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

個人差はありますが、一般的には治療開始から1週間程度装用を続けることで、日中裸眼で生活できる視力になります。

通常は終日持続します。なお、使用する方の近視度数や年齢によっては、2~3日持続する方もいらっしゃいます。

お電話にて予約を受け付けております。当日の流れは、検査→テストレンズ装着→仮眠(1~2時間)→再検査→レンズの装着練習という流れになりますので、お時間に余裕を持ってお越しください。来院より3時間ほど必要です。

レンズ装着後、仮眠をしていただくため、検査を含め3時間ほど必要です。

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)

ほんべ院長は、名古屋でナイトコンタクト(オルソケラトロジー)を取り入れた第一人者です。

当クリニックの院長である本部千博は、アメリカでのナイトコンタクト治療の最前線に立っているニック・ストーヤン氏から直接指導を受けています。

15 +

多くの年月を掛け安全性の高いナイトコンタクト(オルソケラトロジー)で近視治療を続けています。

ほんべクリニックでは2001年より診療に取り入れており、15年以上着用されている患者様がいらっしゃいます。夜寝ているときにだけ専用のナイトレンズをつける手軽さ、翌日の効果から患者様が増え続けています。スポーツ選手などにも幅広く現在では浸透してきています。

100 +

国内外の研究により未成年への安全性・有効性が確認されています。

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)を使用した近視に対する研究が海外、及び日本国内において積極的に行われています。アメリカ、中国ではすでに100万人以上の実績があります。同時に安全性についても研究が進められていることから、安全性が確認されていますので今後ますます普及は進んでいきます。

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)治療の仕組み

角膜もレンズの役割を果たしています。この角膜を平坦にすれば近視は解消されます。

平坦にするために角膜を削る手術がレーシックです。
削らずに特殊なレンズで平坦にするのがナイトコンタクト(オルソケラトロジー)治療です。

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)治療で角膜を平坦にすることができます。

ナイトコンタクトレンズは近視の度が入っていませんが、
角膜を平坦にすることができるので、よく見えるようになります。

ナイトコンタクト(オルソケラトロジー)治療は、
ナイトコンタクトレンズを外しても、よく見えるようになるような工夫がされています。