プロテオ検査

統合医療

プロテオ検査

プロテオ®超早期がんリスク検査とは、ステージ0から「がん」を検出できる画期的な新技術として多くのメディアで特集され、世界から注目を集める超早期がんリスクスクリーニング検査のことを言います。

対象となるのは、膵がん、肺がん、乳がん、胃がん、肝がん、大腸がん、舌がん、甲状腺がん、腎臓がん、前立腺がん、子宮がん、卵巣がんなどの固形がんで、体内にがんが発生した場合に血液中に微量に溶け出すがん関連物質を、新型バイオチップであるプロテオ®を用いて測定・数値化し、がんのリスクをC(リスク高)・B(要観察)・A(リスク低)の三段階に分類・判定します。検査に用いる血液は30マイクロリットルとごく微量で、食事等の影響も受けないため、身体的な負担も軽く、安全な検査方法です。

更にプロテオ®超早期がんリスク検査では、測定数値が明確な差を持って現れるため、判定が容易で、誤判定の可能性が限りなく低いという特徴があります。